よく美容師さんのことを

 

「あの人は腕がいいから」

「技術があるから」

 

って言ったりしますが、

絶対『センス』って大事だなと思うんですよ。

 

 

どんなに素晴らしい腕があって技術が身についてても、センスないと全然活かせないでしょう。

 

「こういうのがいいんじゃないか」っていう提案とかって、それこそセンスがないとできないと思うし。

(というか、センスがいい提案をしてもらわないと困るしw)

 

 

結局歌い手もそうだと思うんですよね。技術だけじゃ結果は伴わないと思います。

(たぶん料理とかもそうでしょう。)

 

歌は技術×センス

だからよく、歌は

 

技術×センス

 

なんて言ったりします。

 

 

技術が10でも、センスが1だったら結果は10にしかならないけど、逆に技術が5でも、センスが10だったら50になるんですよね。

さらにその人が技術を磨いて10になったら結果は100になっちゃうわけですよ!

 

センスの磨き方

じゃあどうやったらセンスが磨けるか、それは

 

『ordinary(普通の状態)を知ること』

 

だと僕は考えます。

 

 

要は、「普通」「一般」が分からなければ、逆に何がおかしいのか、何が秀でてるのかが分からないですよね。

 

じゃあ「普通」や「一般」が何かと言ったら、それは『多いもの』だと思います。

世の中では、とにかく「数の多いもの」が「普通」になる傾向にありますよね。

 

 

例えば100人の人がいて、もし100人中99人が「右だ」と言ったら、その世界では「右」が普通になるわけです。

「普通は右を選ぶよね〜」って言われちゃうわけです。

(まぁ、良くも悪くもw)

 

「普通」を知るには

じゃあどうやったら「多いもの」が分かるか、

それは

 

『数をこなすこと』

 

しかありません。

 

それで自分なりに統計を取って色々なことを判断するんです。

何がordinaryなのか、逆に何がordinaryじゃないのか。

 

だから、生徒さんで「センスを磨くためにはどうすればいいですか?」っていう人には

「色んな音楽を聴きなさい」って言ってます。

 

 

たぶん、それってどんな人も 言うことだと思うんですよね。

それは、上記のような理由があるからだと僕は思ってます。

(そしてうちに大量にCDがあるのはそういう理由からです。)

 

 

まぁ、ただ闇雲に数をこなしてたって意味ないので、そこからは自分次第ですけどね!

 

磨く意識があるかどうかと、結果の行動が伴うかどうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事