高音がなかなか出せずに困っている人に共通していることがあります。

 

それは、

 

「普段のしゃべり声が硬い」

 

ということ。

 

普通にしゃべっている時に、声帯の動きが硬いんですね。

 

 

硬いというのはどういうことかというと、音の上下が少なく、常に低いところの狭い音域でしかしゃべっていないということです。

これでは、声帯を動かす筋肉が普段は低い音域の範囲でしか動いていないということになりますね。

 

普段その状態がデフォルトになってしまっていては、筋肉が動き慣れていないので、

歌う時に高音を出そうと思ってもなかなか難しいものです。

 

 

高音を出す、もしくは音域を広げるためには、「声帯を(動かす筋肉を)柔らかくする」というのがとても重要です。

 

 

 

バラエティ番組などを見ていると、お笑い芸人さんやタレントさんは広い音域を使ってしゃべっている人がとても多いです。

ジャパネット高田社長のような、通販の商品プレゼンターもそうですね。

 

そういった人たちのしゃべり方(声)を聞いてみてください。

 

そして、現状で自分が出せる範囲の音域でいいので、普段から広めの音域でしゃべることを少し心掛けてみてください。

 

 

出来るだけ高い方の声も使いつつしゃべるといいでしょう。

 

無理をする必要はありません。

普段の何気ないところから、やろうやろうとする気持ちが大切です。

 

 

それで筋肉の動きが柔軟になっていくので、音域拡張の訓練になりますよ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事