スポーツでも体が温ったまったり血流が良くなると体の動きが良くなりますよね。

楽器を演奏する時も、指などの血流が良くなると演奏しやすくなります。

 

それと同じで、体(特にノド周り)の血流が良くなると声が出しやすくなります。

 

では、具体的に方法を挙げますね。

 

ストレッチ

基 本中の基本ですがこれがとても大事です。

うちのレッスンでも大体ストレッチを取り入れてます。

 

全身をほぐすのも良いんですが、

主に首、肩、胸、背中あたりの上半身を中心に伸ばしてあげるといいでしょう。

 

無理に引っ張ったりすると痛めてしまうので、

ゆっくりと痛みを感じない程度にやってみてください。

 

マッサージ

血流を良くする定番ですね!

なかなか自分でやるのは難しいとは思いますが、

自分でやる場合は表情筋や首のまわりなどを軽く指でほぐしてみましょう。

 

肩こり解消

肩 がこるということは、その周辺の血流が良くないということです。

肩こりがある方はそれこそマッサージに行ったりして和らげるようにしてください。

 

磁気ネッ クレスなどをしてみてもいいですね。

僕も最近磁気ネックレスをして歌いやすくなるかどうか検証中です。

 

今のところ歌う前やレッスンの前などにつけておくと調子良いので、結構効果ありかも!?

 

ビタミンE

これは血流を良くする栄養素なんだそうです。

ナッツ類などに多く含まれます。肩こり解消などにも良いようですよ!

 

ウォーキング

適度な運動は血流を良くします。

例えばライブ等の前に少し歩いておくと体が温まったりします。

 

ちなみに、全身の血流が良くなると本番前の緊張も和らぎますよ!

 

足湯

意外と体全体の血流を良くするのに足湯が良いそうです。

 

 

 

以上のように、体の血流が良くなると、筋肉の動きが良くなります。

 

それが歌いやすさにもつながりますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事