「好きこそものの上手なれ」は本当?

「好きこそものの上手なれ」と言いますが、

それは色んな捉え方があると思っています。

 

なぜかと言うと、

「上手・下手」っていうのは、何か基準が必要なんですよね。

 

何ができるかできないかなど。

それに対して上下や優劣をつけることで、「上手・下手」という判断をします。

 

 

その一方で、

「好き」という感情は、人によって形も方向性も度合いも違うので、

そもそも上下や優劣をつけられるものではないんです。

 

上下・優劣をつけられるものとつけられないもの。

 

それを一緒の基準にして言い切ってしまうのは

なかなか難しいことだと僕は思ってます。

 

 

例えば、「走ることが大好き」という人がいたとします。

 

走ると気持ちがいい、

景色を見られるのが楽しい、

走った後の爽快感が好き、

 

などなど、

 

同じ「走るのが好き」でもどう走ることが好きなのか、

色々な感覚があると思います。

 

 

そこに必ずしも、

「そんなに走るのが好きならオリンピック目指せば?」

とはならないですよね。

 

「走ってタイムを競うことが好き」という人であればそれもあてはまるかもしれませんが、

ただ「景色を見ながら走ることが好き」という人にはあてはまらないわけです。

 

 

そこを同列に考えてしまって、

 

「走るのが好きなら速く走れて当然だよね?」

「タイムが早くならないなら走るの好きじゃないんじゃない?」

=「好きなら上達するだろう」

 

としてしまうのはちょっと乱暴ですよね。

 

 

歌で言えば、「どう歌うことが好き」なのかによるんです。

 

「歌が好きなら上手く歌えるんだよね?」

→これは、「一般的に上手いと言われる歌い方をするのが好き」ならあてはまります。

 

「歌が好きならカラオケで高得点出せるよね?」

→これは、「カラオケで高得点を出すための歌を歌うのが好き」ならあてはまります。

 

「歌が好きならプロ目指してるんだよね?」

→これは、「歌うことを仕事にしてお金を稼ぎたい」と思っているならあてはまります。

 

・・それ以外の人にはあてはまりません。

 

 

 

このように、同じ「歌が好き」でも、「どう好きか」によるんです。

 

だからもし、

「自分は歌が好きなのに、どうしてこうならない(上達しない)んだろう…」

と感じている人がいたら、

 

自分にとっての「歌が好き」は、「どう好きか」を

今一度考えてみてください。

 

 

例えば、

「歌っていて心地よくなることが好き」なのであれば、

「自分が心地よく歌う歌い方」はドンドン上達すると思います。

 

ただ、それは

一般的な歌の上手い下手、

カラオケの点数の良し悪し、

プロになれるなれない、

とはまた別物であるということを覚えておいてください。

 

 

「どう好きか」によって上達の仕方も変わるんです。

また、それが「まやかしの好き」だった場合も、

上達とは程遠くなります。

 

 

「まやかしの好き」に関しては、『上達を邪魔する「まやかしの好き」』で詳しく書きます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事