上手くなるためにはどうしたらいい?

今日、久々に叔母と会いまして。

 

叔母は現在70代ですが、

数年前からピアノを始めたんですよね。

 

もともと小さい頃に習っていたことがあるようなんですが、

それから約60年の時を経て再開してみたとのこと。

 

 

 

「この曲が弾けるようになったよ~」

 

なんていう話を聞いてたら、

ショパンやらベートーベンやら、

それがまた結構難しい曲で!

 

 

中には、僕もかつて弾こうとして断念した曲もあったり…!

 

 

思わず、

 

「それが弾けるなんてすごい!」

 

って素で驚いて言っちゃうくらいでした。

 

 

 

そんな叔母から、

 

 

「上手くなるためにはどうしたらいい?」

 

 

って聞かれたんですね。

 

 

 

その時にパッと思いついて僕が答えたのは、

 

 

「弾きたいと思う曲を弾くこと」

 

 

でした。

 

 

 

結局のところ、

「これ弾きたい!」

という思いに勝るものはないと思うんですよ。

 

 

そしたらそこに、明確な目的(ゴール)ができますよね。

 

やりたい目的ができると、俄然やる気が出ますよね。

 

 

で、それを弾けるようになろうと思ったら、

必然的に練習しますよね。

 

 

結局それが一番の「ガソリン」なんですよね。

 

 

 

そういえば以前、テレビ番組でやってたんですが、

 

とある50代の漁師さんが、フジコヘミングさんを見て、

「ラ・カンパネラを弾きたい!」

って思ったそうなんですね。

 

 

その方、それから毎日7時間、それを7年間くらい、

ラ・カンパネラを独学でひたすら練習し続けたんですって。

 

周りから「絶対無理!」と言われながらも。

(出ました、ドリームキラーw)

 

 

そしたら、多少のぎこちなさはあるものの、

ちゃんと曲を弾けるようになってるんですよ!

 

 

あれはすごいな~と思いました。

 

 

 

ラ・カンパネラって、クッソむずいんですよ。

 

ちなみに僕は全然弾けないです。

挑戦しようとも思いませんでした(笑)。

 

「はいムリー」っていうレベルのw

 

 

 

それを、音楽に全く触れてこなかった人が、

大人になってから、

しかも独学で弾けるようになっちゃうって。。

 

 

やっぱり、「弾きたい思い」なんですね~。

 

 

 

叔母もね、

自分がつまらないと思う曲はやらないんですって。

 

練習曲をやっててつまらなくなったら、

習ってるピアノの先生に、

 

「先生、これつまんない」

 

って言うんですってw

 

 

 

これ、すごく大事なことだと思ってるんです。

 

 

実は僕もレッスンで、生徒さんに、

 

「レッスンやってて、発声でも歌でも、

つまらなかったらつまらないって言ってね」

 

って言ってるんです。

 

 

そしたら、別のやり方考えるから。

 

やりたいことへのゴールに向けて、

楽しみながらできるようなやり方探すし、

色んな道筋を提案するから。

 

 

それが僕の仕事であり、

ある意味では僕の強みなのかもしれません。

 

 

 

だって、その人にとってつまらなかったら、

それこそ「ガス欠」状態になっちゃうんですよね。

 

ガス欠になったら進めないですよね。

 

 

だから「ガソリン」が必要なんですよ。

 

 

で、「ガソリン」は、

何度も言うように、

 

「やりたい!」っていう気持ちなんですよ。

 

 

 

以前、このブログの、

本当に歌が上手くなるために必要なこと」という記事でも書きましたが、

 

やっぱり、

 

純粋な「やりたい!」っていう気持ちと、

そのための道筋(プロセス)自体も楽しむこと

 

っていうのが、

上手くなるために必要なことなんじゃないかと

僕は思ってます。

ボイトレで自己表現してみませんか?

ワイドボイスのレッスンは自己表現がテーマ
自信をつけてあなたのパフォーマンスをUPさせましょう!

レッスンにご興味ある方は、お気軽に体験レッスンをお申し込みください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事