「声が響きにくいな」とか、「高い声が出にくいな」と思った時にやってみると効果的なことがあります。

 

それは、

 

「奥歯を開ける」

 

ことです。

 

 

要するに、口の奥の方を縦に意識して開くような感じにします。

ちょうど、あくびをかみ殺してる時のような感覚に似ています。

 

意外と奥歯の狭さが原因で声が響きにくく、もしくは高い声が出にくくなっている場合があるので、ぜひお試しください!

 

 

 

それに関連して、例えば、

 

「発声練習の時は高いところまで出せるのに(響いた声で出せるのに)、歌になると出せない」

 

という場合もあるかと思います。

 

 

その場合も同じことが言えます。

 

歌の場合、当然ながら言葉(歌詞)が乗ってきます。

言葉には当然ながら「母音」と「子音」があります。

 

その母音が原因になっていることがあります。

 

 

 

例えば、母音の「イ」や「ウ」などは特に口の形が狭くなりやすいので、

この音の時に高い声が出しにくくなったり、

響きが悪くなったり(音量が落ちたり)することがあります。

 

 

ですので、「イ」の場合は、少し口を縦に広めに開いて、「エ」に近いような形にしてみましょう。

 

「エ」の口で「イ」と言う気持ちでも良いと思います。

もしくは、ちょっとだらしない感じで「イ」と言うようなイメージです。

 

正面から見た時に、上下の前歯が重ならないくらい開けても大丈夫です。

 

 

 

また、「ウ」の場合も同様に口を縦に広めに開いて、「オ」に近いような形にしてみましょう。

 

こちらは、口の奥の方では「オ」と言っているような形にして(やりすぎると「ウ」に聞こえなくなってしまうので注意です)、

「ウ」と言うような気持ちで発声してみましょう。

 

もしくは、ちょっとだらしなく「ウ」というような感じです。

こちらも前歯が重ならないくらいでも大丈夫です。

 

 

 

他にも、もし「エ」や「オ」の母音で出しにくい場合は、少し口を「ア」に近い感じに開けてみてください。

 

要するに、大きめに開けると高音発声や響く発声がしやすくなるのです。

 

 

なので、高音を出す時や音量をしっかり出したい時などは、少し発音(滑舌)的にはおかしくなってしまうかもしれませんが、

あまり崩れすぎない程度に大きめに開ける意識をしてみてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事