ボイトレはイメージをすることが多いです。

 

例えば野球やゴルフなどは、先生に「グリップはこうやって…」と一緒にやってもらって実際に見たり出来ますが、

歌に関しては声帯や横隔膜をリアルタイムで見ることはできませんし、

自分自身も見ながら動かすことは出来ないですからね…。

 

 

 

ただ、イメージというのは人によってとらえ方が違うものです。

 

例えば、

 

「空の色をイメージしてください」

 

と言われたら、あなたは今何色をイメージしますか?

 

 

多くの人は「青」や「水色」かと思います。

 

でも、人によっては曇り空をイメージして「白」の人もいるでしょうし、雨が降っていれば「灰色」かもしれません。

夜だったら「黒」だったり、朝焼けや夕暮れなら「赤」かもしれません。

 

 

「空の色」と言っても、天気や時間帯を指定していない状態だと、こういうことがあり得ますよね。

 

 

 

イメージの仕方やその結果は、人それぞれで一つじゃないんです。

 

 

ボイストレーニングの本などに書かれているイメージの表現は、あくまでも

 

「一般的にこのイメージをしてもらえればこうなるだろう」

 

という感じで書かれていると思います。

(要は、「空の色」と言って多くの人が「青」と思うようなもんですね。)

 

 

ただ、とらえ方によっては違う結果になってしまう場合もあるので、どれだけやっていてもどうもピンと来なかったり、いまいち結果が出ないなと思ったら、

もしかしたらそのイメージはあなたには合っていない表現である場合も考えられます。

 

特に音楽をやる人は色々と独特な感性をお持ちの方も多いので、一般的な感覚が通用しないことも多いのではないでしょうか…!?

 

 

 

なので、ボイストレーニングをやっていてどうしても迷ったり結果が伴わない時は、

いろんな本を読んでそれぞれのイメージを試してみたり、

先生についている方は別のアプローチで出来る方法がないかどうか相談してみるといいかもしれませんね。

 

 

自分にしっくり来る方法をぜひ探してみてください。

 

もちろん根気よくやることや「継続」というのも大事ですので、そこは大前提ですけどね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事