歌う時に声や喉に影響が出やすい(良くない)食べ物を紹介します。

・辛いもの

喉への刺激が強いので、痛めてしまいます。

・糖分の強いもの

チョコレートやお菓子など、喉がベタベタした感じが残って歌いにくくなります。

・パサパサした食べ物

パン、クッキー、スコーン、スポンジ系の物など、いわゆる「口の中の水分奪われる」感じのする食べ物はあまりお勧めしません。個人的にライブ前に食べて大失敗したことがあります。。

・メロン、キウイ、パイナップル

この辺のフルーツを食べて、口の中や喉がイガイガしたことはないですか?これらに含まれる酵素の作用によって粘膜に影響が出ることがあるようです。また、意外とアレルギーを持っている方も多いようです。

・ヨーグルト、チーズ、アイスクリームなどの乳製品

タンを強くしてしまうので、喉がからみやすくなります。また、アイスクリームは冷たいので、喉や体を冷やしてしまいます。

また、歌うすぐ直前に何かを食べるのは基本的にはあまり好ましくありません。

どんなものにせよ、口の中や喉がネバってしまって歌いにくくなったりします。

また、満腹な状態になってしまうと、横隔膜のコントロールがしにくくなるのでこれまた歌いにくくなります。

食事をする場合は、歌う1時間半か2時間前くらいまでにして、腹八分くらいを心がけて下さい。

以上のように、僕自身が個人的に感じたものや一般的に言われているものを列挙してみました。

ただ、人によって本当に個人差がありますので、必ずしもこれらが全て悪いとは言い切れません。

歌う前にチョコレートを食べると元気が出て歌いやすくなるという話も聞いたことがありますし、直前にシュークリームを一つ食べると空腹にも満腹にもなりすぎずちょうどいいと言う方もいました。

何が良くて何が悪いのかは、自分自身で検証してみるしかありません。

カラオケに行った時などにちょっと試してみて、自分には何が良くて何が影響が出やすいか見つけてみてください!

2012/2/4

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事