本文へスキップ

ボイストレーニング|東京・練馬の個人ボイトレレッスン

ボイトレコラムcolumn

トップページ > ボイトレコラム > 丁寧に歌う

丁寧に歌う


バースデーソング、誰でも知ってますよね。

ハッピバースデートゥーユーっていう、あれです。

これを歌ってみてください。




ハッピバースデートゥーユー

ハッピバースデートゥーユー

ハッピバースデー ディア 〜〜さん

ハッピバースデートゥーユー




これの3行目の「ハッピバースデー」の「バー」の音の時に、高い音に上がりますね。

厳密に言うと、直前の「ハッピ」の音から1オクターブ跳躍して上がります。


ここ、きちんと音をとって歌えましたか?


結構多くの方が、ここの部分の音が届かずにピッチがフラットして(低くなって)しまうことがあります。

なんとな〜くメロディーを放り投げて歌っていてはうまく音が当たりません。

音程を丁寧に歌うということを意識する場合、そういうちょっとした部分も下がってしまわないように、「音を置く」ようなイメージできちんと気にして歌ってみてください。


もし歌っていて気付きにくい場合は、録音して聞いてみましょう。携帯のメモ録機能でも十分です。

出来る方は、ピアノなどの楽器でメロディーラインを弾きながら、それに合わせて歌うのもとてもいいです。


まずはバースデーソングのように、分かりやすい曲でこういう練習してみましょう!


2010/5/26

ワイドボイス
ボイストレーナー 吉田研吾


ボイトレコラムTOPへ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------


ボイストレーニングに関する情報をブログに書き綴っています。

ボイストレーニングブログ