本文へスキップ

ボイストレーニング・レッスン|東京・練馬のプロが教える個人ボーカル教室

ボイトレコラムcolumn

トップページ > ボイトレコラム > 歌う時に良い飲み物、良くない飲み物

歌う時に良い飲み物、良くない飲み物


歌う時にあまり飲まない方がいいものをご紹介します。

※ちなみにこれは、あくまでも一般的に言われているものであって、感じ方には個人差があります。


・ウーロン茶

油を分解する作用がありますので、ノドに必要な適度な油分も取られてしまうと言われています。油分が少ないと、歌いにくい上にノドを壊しやすくなります。


・炭酸飲料

そもそも刺激はノドには良くないですし、歌っている最中にゲップが出やすくなってしまいます。


・牛乳、乳製品

タンを強くしてしまって、喉がからみやすくなります。


・糖分の多いもの

糖分をあまり取りすぎてしまうと、口の中やノドがベタベタして歌いにくくなります。


・柑橘系のもの

オレンジやレモンなどの柑橘系もノドに刺激があり、タンが絡みやすくベタベタします。成分としてビタミン自体はノドには良いので、歌う直前でなければ良いです。


・冷たいもの

ノドがキュッとしまってしまいます。温めたほうが歌いやすいので、冷やさないようにしてください。


以上のようなものは、歌う時にはあまり良くないと言われています。

ただ、先にも言いましたが、飲んでも影響が出ない人もいますし、逆にそれを飲んだ方が調子が良いなんていう人も中にはいます。

ちなみに、「コーヒー」は賛否様々です。

砂糖やミルクを入れなければ影響がないという方もいますし、カフェインがあまり良くないという方もいます。


では、結局何が一番いいかというと・・・


「常温の水」


です。

これが一番間違いないです。


例えばカラオケに行った時にコーラやジュースやお茶類などしかない場合、個人的に選ぶのは「りんごジュース」です。糖分はありますが、影響は少ないです。

お茶類でも、例えば黒豆茶やハーブティーなどは喉に良いです。

健康茶も、ウーロン茶や緑茶の成分が入っていないものなら良いですね。

スポーツドリンクも、糖分があまり気にならなければ良いでしょう。


それと、よく勘違いされやすいんですが、飲んだものは声帯は通りません。

声帯の下は器官があって肺につながっています。

肺に飲み物が入ったら怖いです。おぼれちゃいます(笑)。


飲んだものはあくまでも「食道」を通りますので、声帯を通って直接声帯に作用してしまうということではないのですが、声帯にかなり近い喉のところを通りますので、喉周辺という意味では歌う時に直接的な影響もあり得ます。


上記の物を踏まえつつ、自分に何が合うか、何が合わないか、見つけ出してみてください!


2010/6/28

ワイドボイス
ボイストレーナー 吉田研吾


ボイトレコラムTOPへ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------


ボイストレーニングに関する情報をブログに書き綴っています。

ボイストレーニングブログ