歌が上手くなりたいという方、ぜひ「実践」の場を増やしてください!

 

レッスンに通ったりしてると、どうしても歌を学んでる「気」になってしまいがちです。

(塾に行ってると勉強した気になるようなものですねw)

 

実際に自分からドンドン声を出して行って、その時にレッスンでやったことを色々と思い出してください。

 

 

「トレーニングを実践を並行してやる」

 

そうすると身に付きやすく、ちゃんと前進します。

 

 

 

「実践」というのは、出来れば人前で歌うこと、本気で歌うことです。

一番いいのはライブをやったりすることですね。

 

気軽に出られるライブもたくさんあります。

無料(ノルマなし)で出られるものや、1〜2曲だけ歌えるオープンマイク、誰でも参加できるセッションなど。

 

 

 

また、カラオケで人前で歌うのでも良いです。

 

「人に聴かせる」という意識を持てるのが持てるのが一番良いんです。

人前に出る機会が多いほどリスナーのリアルなリアクションが色んな形で感じられます。

 

練習なら、個人練習で音楽スタジオに入ったり、一人でカラオケに入って声を出すことも良いです。

 

 

とにかく、思い切って声を出す場をドンドン設けてほしいんですね。

 

その時に、

 

「自分がどんな意識をした時に、どんな声が出るか、どんな感覚になるか(楽なのか、力んでしまうか)」

 

等をかみしめながらやってみましょう。

 

 

そうすると、色々な発見があるはずです。

 

「レッスンでやったあれは(本やネットで読んだのは)、こういうことだったのか!」

 

と思う部分もたくさん出て来ると思います。

その時に初めて学んだことが生きてきます。

 

 

 

逆に、

 

「もっとこうしたい」

「もっとこんな風に歌いたい」

「これができなかった」

「こうするにはどうすればいいんだろう?」

 

という、今後の課題の発見にもなります。

 

 

生徒さんから、「腹式呼吸を意識してたら、ライブで緊張しなかった!」というご意見もありました。

そんな活かされ方をすることもあるんですね〜!

 

 

 

また、そういった「実践」があると思うと目的意識ができますし、適度な緊張感が生まれます。

 

実践のために自分はしっかり準備して、いっぱい練習して、いっぱい考えて、ガッツリ反省もしますよね。

(というか、してくださいw)

 

 

モチベーションも上がりますよね。

 

できれば、自分の歌っているところを録音して、あとでじっくり聴きましょう。

 

レッスンや勉強をしながら実践、これを平行してやっていくのが上達のコツですよ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事