幼少期編」に続き、今度は7歳以降、小学生の頃の僕の音楽事情です。

 

小学校に上がる時に高円寺から埼玉(現在の実家があるところ)に引っ越しました。

 

 

引っ越しをきっかけに、それまで習っていたピアノレッスンを一度やめることになり、少しブランクがありました。

1年生の頃は音楽の授業以外では、進んで音楽に関わることは特になかったです。

 

2年生の頃くらいからピアノを弾けることが学校内で知られ始めて、音楽劇みたいなのの伴奏を頼まれました。

今考えれば結構難しいのを弾かされてた気がします。

 

その頃はまだ全然バイエルの途中レベルくらいだったんですけどね。

 

 

で、その後3年生くらいの時にまた自らピアノを習いたいと親に頼んで、新しいピアノの先生の所に習いに行きました。

 

今でも覚えてるのが、最初にレッスンに行った時に「今弾ける曲を何か弾いてみて」って言われたので、

学校の劇で頼まれた伴奏の曲を弾いてみたら、「結構難しい曲弾いてるのね」と言われたのが印象的です。

 

僕もその曲をヒーヒー言いながら練習してた記憶があるので、やっぱ難しいことやらされてんだなと実感したのを覚えてます。

 

 

 

ピアノのレッスンはいわゆる普通のクラシックピアノでした。

定番の、ツェルニー、ブルグミュラー、ハノンなどをやりつつ、子供のための曲集みたいのを並行してやってました。

 

学校で「なんか弾いて」と言われてその辺のレッスンで習ってるやつ弾いても誰も分かんないので、

「せっかくならみんなが知ってる曲弾きたいんだけどな〜」と思ってたのを覚えてます。

 

だから、持ってた楽譜の中でドラクエの曲があったのでそれを自分で練習して弾けるようにしておきました。

それ弾くとみんな「おー!」ってなるのでこちらとしては手っ取り早いw

 

 

あとは楽譜を書く練習とか、楽典っぽいこととか、聴音とか、そういうのもやってました。

そういうのも含めてピアノレッスンはすごく楽しかったです。

 

 

 

家には生のピアノはなくて、当時売られ始めていた電子ピアノ(ヤマハのクラビノーバ)を買ってもらって練習してました。

 

生ピアノを弾くのが楽しくて、ピアノレッスンの日は先生に頼んで少し早めに行って教室の鍵を開けてもらって、一人でずっと教室のグランドピアノを弾いてました。

 

 

小学校の高学年では行事で伴奏を頼まれることがやたら多くなりました。

同級生の女の子にはピアノが上手な子もいっぱいいましたが、男の子では珍しいから目立ったんでしょうかね。

 

音楽が関わるイベントがあると必ずと言っていいほどピアノ伴奏担当でした。

 

 

自分の卒業式の時も、基本的にずっと舞台上にいて何かしら伴奏してた気がします。

なんか、ピアノといえば僕みたいな感じになってました。

 

卒業アルバムの将来の夢のところには「大きなステージでピアノの演奏したい」って書いてました。

 

まぁ、今考えれば大人になってからそこそこ大きなステージでライブやらせてもらったこともちょいちょいあったので、

ある意味かなったっちゃかなったのかな。

クラシックのステージじゃないけどね。

 

 

 

当時聴いてた音楽は、そんなこんなでクラシックが多かったです。

ピアノ曲集みたいなのを好き好んで聴いてました。

ショパンとかモーツァルトあたりが好きでした。

 

小学生の時のいつだかの発表会ではショパンの「子犬のワルツ」を弾きました。

 

 

学校ではだんだん周りの友達が色んなポップスとか聴き始めてましたね〜。

今思えば女子たちの間では光GENJI大人気でしたねぇ。

 

あとは明菜ちゃんだ、みぽりんだ、キョンキョンだ、ナンノだ、チェッカーズだ、レベッカだ、プリプリだと、そういうのをみんなが話題にしてた感じがします。

(時代を感じる・・w バブル期ですね。)

 

みんなが言ってたからなんとなく知ってたけど、僕は正直あんまり興味がなくて大して聴いてませんでした。

 

 

そんな中、相変わらず家の中ではマイケル、マドンナ、スティービーワンダーなどなど、いわゆる80'sの洋楽がいっぱい流れてましたけどね。

 

80年代って自分は小学生の年齢だった頃だけど、ある意味リアルタイムでその頃の音楽バンバン聴いてた(聴かされてた)ので、結構知ってる曲が多いっていう。

 

そういう意味ではJ-POPよりもよく聴いてたのかも。

 

その頃よく聴いてた印象がある曲は例えば、

George Harrisonの「Got My Mind Set On You」とか。

 

 

ほ〜ら、聴く人が聴くと「懐かしい〜!」ってなるやつですよ。

 

僕も懐かしいw

 

中学生前編」に続く。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事