本文へスキップ

ボイストレーニング|東京・練馬の個人ボイトレレッスン

ボイトレコラムcolumn

トップページ > ボイトレコラム > 実は歌でも大事な「自分軸」の話

実は歌でも大事な「自分軸」の話


レッスンの時に生徒さんが、

「こういう歌が歌えるようになりたいです!」
「こういう声が出せるようになりたいです!」

って言うので、

「なんで?」

って聞いたら、

「え…?なんで…?」

って驚かれましたw

僕結構これ聞くんですよ。
どうしてそうしたいのか。

で、そう聞くと大体みなさん言葉に詰まるんですよね。


例えば

「プロになりたいです!」

なんで?

「なんで…?えーっと…、自分の歌で人を元気にしたいからです!」

なんで?

「え?なんで…?えーー…」

なんでそれするのにプロじゃなきゃいけないの?

「んーーー・・・」

とかね(笑)。


で、いろいろ突き詰めていくと、

「そうすることで自分を認めたいから」
「そうすることで自分が人から認められたいから」


っていう原因に行きついたりすることが多々あります。


それって、

「こういう声が出せるようになったら自分の歌を認められる(だろう)」
「プロになったら多くの人に認めてもらえる(だろう)」

っていう何の根拠もない「仮定の話」であり、

「他人軸」なんです。


さらに言えば、

認める、認めさせるにはそれしかないと思い込んでる

視野の狭い「自分勝手な思い込み」です。


そこには根底として、

自分で自分を認められてないから自信がない

それを何か物質的なツールや手段を得ることで認められるようになりたい


っていうのがあるんです。


僕思うに、そういうのって

結局なかなか実りにくいし、叶いにくいし、

仮に叶ったとしても結果たぶん大して満たされないから、

どうせまた別の不満や足りないところを見つけるし、

いつまでたっても自信はつかないし、

要は「不毛」なんですよね。


物質的なツールや手段でもいいけど、

不毛だからまず自分で自分のこと認める作業からやりませんか?

って思っちゃうわけです。

(僕も不毛なレッスンをするより、
ちゃんとその人にとって本当の意味で良いようになることをしたいのでw)


自分で認めるためには、

「これが出来るから」
「これがあるから」
「こうなれたから」

っていう物質的に分かりやすい証拠はなくても大丈夫なんです。

むしろ、ない方がいいかなと思ってます。

それを求めてしまうと、

「ないとダメ」

ということで現状の自分や出来ない自分を認めないことになるので。


あと、

「やった方がいいから」
「こうするべきだから」

で動かないこと。


これは自分の内側から来る感情ではなく、

あくまで「一般論として」とか「こういうことらしい」っていう

外からの情報で動こうとしてる「他人軸」なんです。


自分の感情じゃないもので動くってことは、

自分にウソをついてるってことです。

自分にウソついてればそれは自己否定になります。

自己否定してれば自信がなくなります。

だから別の何かに「認められたい」って求めるんです。


一番大事なのは、純粋に

「楽しそうだから」
「ワクワクするから」
「気持ちいいから」
「ただやってみたい(興味がある)から」


っていう理由で動くこと。

それだったら「自分軸」であり、

まぎれもない自分の心の本音なんですよね。


心の本音に従えば、

楽しいから進んでドンドンやるし、

自然体だからスムーズだし、

本来自分が求めている結果に結びつきやすいし、

満たされやすいし、

自信にもつながります。


自分で自分をちゃんと認められたら、

他人に「認めてー!」って求める必要もなくなるので、

他人の目が気にならなくなります。



もちろん歌は、他人に聴かせてなんぼのものかもしれません。

でもそこを一度、


「他人がどう思うかは置いといて、自分がどうしたいか」


っていう「自分軸」にしてやってみましょう。


「それって自己満で痛々しくならないかな・・?」


って思うかもしれないですが、

逆なんです。

他人の目を気にしてると痛々しくなるんです。


他人軸だと、

他人の目を気にしてしまう恐怖心によって冷静ではなくなるので、

視野が狭くなって、客観性のない自分の勝手な判断で

「これが良いんだ」(みんなそう思ってるはずだ)

と思い込んで、あざといことをしてしまうから

結果痛々しいことになるんです。


よくある、

「上手いけど響かない歌」

っていうのもそれが一因だと僕は思ってます。


だから意外にも「自分軸」の方が、

他人にも響くものが出来ちゃったりしますよ!


2017/4/20

ワイドボイス
ボイストレーナー 吉田研吾


ボイトレコラムTOPへ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------


ボイストレーニングに関する情報をブログに書き綴っています。

ボイストレーニングブログ