本文へスキップ

ボイストレーニング・レッスン|東京・練馬のプロが教える個人ボーカル教室

ボイトレコラムcolumn

トップページ > ボイトレコラム > 勝者と敗者

勝者と敗者


ボイトレの目的はなんでしょう?

メインはもちろん歌の技術を向上させること、成長すること、ですよね。

ではその目的に対して「勝者」である必要があります。

「敗者」になってしまっては向上も成長もしません。

では勝者と敗者の違いはどこにあるでしょう?


「勝者は出来る理由を探し、敗者は出来ない理由を探す」


ということです。


例えば、

「毎日声を出して練習する」

という自分の課題があったとします。


それに対して、

「でも家では大きな声出せないし…」

「忙しくてそんな時間取れないし…」

「カラオケやスタジオに入るにはお金がかかるし…」


などと問題点や言い訳や理由を付けて結局やらない。

当然これは敗者の行動です。



勝者の場合、

出来る場所や方法を探す、

時間を作る努力をする、

必要なお金を稼ぐ(貯める)努力をする、

毎日がどうしても無理なら出来るペースを決める、


など、出来る方法を考えます。



確かに目的を掲げても色々な障害が出てくることは多々あります。

ただ、それに対して

「こうだから出来ない(やらない)」

で終わらせるのではなく、

「じゃあそれを踏まえてどうすればいいのか、どうすれば出来るのか」

という解決策や出来るようにするための方法を考えることが大切です。



そうは言ってもなかなかそれが難しい・・・

というのもとてもよく分かります。

でも、そう思うということは、その目的に対する自分の優先順位は低いんだ、その程度の意識なんだということを実感するといいと思います。

それがいけないということではありません。

優先順位や、何を重要視するかは人それぞれですからね。

ただその状態で「勝者」はあり得ないので、目的から考え直した方がいいと思います。



勝者、敗者と言ってしまうと、全てが勝ち負けのようで少し極端に聞こえてしまうかもしれませんが、シンプルに、

「何かを達成するかどうか」

と考えればいいと思います。

それを成功するか失敗するか。


達成したい、成功したい、勝ちたいと思うなら、マインドから見つめ直してみるといいでしょう。

「いつもなんかうまくいかない…」

と思ってる人は、出来る理由を探してみてください。


2014/4/26

ワイドボイス
ボイストレーナー 吉田研吾


ボイトレコラムTOPへ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------


ボイストレーニングに関する情報をブログに書き綴っています。

ボイストレーニングブログ