本文へスキップ

ボイストレーニング・レッスン|東京・練馬のプロが教える個人ボーカル教室

ボイトレコラムcolumn

トップページ > ボイトレコラム > 緊張を取る方法 〜対策〜

緊張を取る方法 〜対策〜


いざ緊張してしまったらどう対処すればいいか、です。


緊張してしまうと、体内の酸素が少なくなってしまいます。

そうすると判断力が落ちたり、考える力が落ちたりするので、普段出来ていることが出来なくなってしまったりします。


なので、まずは深呼吸をしましょう!

ここで、体内や脳に酸素を送りやすい、集中力アップの効果も見込める呼吸法をお伝えします。


『3秒吸って、2秒止めて、15秒はく』

これを何回かやってみてください。

出来る方は腹式呼吸の方がいいです。

もし15秒はくのが難しい人は、10秒でもかまいません。

ゆったりとした気持ちでやってみましょう。

あと、

「きれいな空気を取り入れて、自分の中にある不安や焦りなどをはきだす」

ような意識をしてみてください。

「どうしようどうしよう!」という気持ちが落ち着きます。


それと、緊張すると血流が頭の方に流れて行きがちになります。

体内の血流のバランスがおかしいことになってしまうんです。

特に、下半身や手足などの末端の方から血が取られていってしまいます。

ですので、手のひらや足の指を「グーパー」するような感じで動かしてください。

ふくらはぎや腿のあたりを軽くマッサージしてもいいでしょう。

また、ちょっとウォーキングするのもいいです。


そもそも緊張の原因は「マイナス思考」にあります。ですので、その思考を全く違う方向に持っていってしまうのも手です。

全然関係ないことを考えちゃってみてください。

帰ったら何食べようかなとか、今度の休みはなにしようかなとか、昔こんなことがあって楽しかったなとか、自分が何か楽しくなってしまうようなことを考えてください。

誰かと、何か全然関係ない話題で盛り上がってみたりしてもいいかもしれないです。


あと僕が個人的にやって割と成功したのが、本番中緊張してしまった時に、家にいるイメージをしてみたんです。

自分が家にいてリラックスした状態っていう感じで。

そしたら、ふっと気持ちが落ち着きました。

普段慣れている場所やシーンなどを思い浮かべるのが良かったんでしょうね。


ライブなど、何か本番のお役に立てたら嬉しいです☆


2010/7/9

ワイドボイス
ボイストレーナー 吉田研吾


ボイトレコラムTOPへ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------


ボイストレーニングに関する情報をブログに書き綴っています。

ボイストレーニングブログ