本文へスキップ

ボイストレーニング・レッスン|東京・練馬のプロが教える個人ボーカル教室

ボイトレコラムcolumn

トップページ > ボイトレコラム > 喉は寝起きが悪い

喉は寝起きが悪い


寝起きって声が出にくいですよね。

寝てたら電話が急に鳴って、出たら相手に、

「あ、ごめん、寝てた?」

なんて声でバレちゃった経験、ありませんか?


そう、喉は起きるまでに時間がかかっちゃうんです。

大体、喉が起きるまでは寝起きから3時間かかると言われています。

僕個人的にも、それがすごく顕著に出ます。

起きてから3時間たった時に、「あ〜、声が出るようになってきた」という感じになります。

そしてさらに本調子になるには、寝起き5〜6時間たってようやく出るようになってきます。


これは個人差があると思うので一概には言えませんが、僕の場合は本調子で歌うまで5〜6時間はかかってしまうので、リハや本番がある時はそれを踏まえて起きるようにしています。


寝起きにいち早く声が出るようになるためには・・・


・頭をスッキリさせる

シャワーを浴びる、陽の光を浴びる。


・体を温めて血流を良くする

温かい物を食べたり飲んだりする、ストレッチをする、ウォーキング等の軽い運動をする。


・首周りをマッサージする

喉の声帯周りの筋肉をほぐすように、軽くマッサージをする。


・発声をする

無理なく低い方の声から徐々に高い声を出していく。リップロールやタングトリルが望ましい。



以上が効果的です!


2010/5/16

ワイドボイス
ボイストレーナー 吉田研吾


ボイトレコラムTOPへ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------


ボイストレーニングに関する情報をブログに書き綴っています。

ボイストレーニングブログ